本日 16 人 - 昨日 15 人 - 累計 29099 人 サイトマップ
昨日はあまりの暑さに、冷房をつけっぱなしという方も多かったのではないでしょうか。水分を取りつつ、熱中症に気を付けましょう。
さて、當舎緑が執筆した「子ども保険は期待できるのか2017」ベネッセ教育サイトコラムが公開されています。自民党若手議員が提唱している子ども保険、これからどうなるかはわかりませんが、民間の子ども保険の注意点と併せてお読みください。

母の友7月号発刊

2017年06月04日
この週末は晴れてお出かけ日和でしたね(^^ゞ我が家は、下二人が英検を受験しに行っていたので、残された私は長女と二人で、庭の雑草抜きと木の剪定をしていました。さて、今年、子どもにかけるお金を考える会で、連載を引き受けている福音館書店「母の友」7月号が発刊されています。7月号のテーマは、学資保険。當舎緑が担当させていただきました。また、今月は、子どもにかけるお金を考える会メンバー、宮里恵子がNHK Eテレの「うわさの保護者会」で監修をさせていただきました。ご興味のある方はぜひどうぞ。

先ほどのお知らせに引き続き、メンバーの中上直子が執筆する金銭教育のお話しがベネッセ教育サイトにアップされています。コラムはgooニュースにも取り上げられていましたので、ぜひお読みください。

母の友6月号出版

2017年05月08日
GW長い方であれば9連休となったそうですが、みなさんは楽しめたでしょうか。私は、忙しかったこの1年の疲れが一気に来てしまい、久々の風邪に苦しみました絵文字ただ、寝ては起き、起きては寝てとしつつも、溜まりまくった書類の山や子どもたちのプリントを断捨離しながら身の回りはすっきりとでき、よい休日となりました絵文字
さて、今月福音館書店から出版される「どうすれば貯蓄は増やせるの」母の友6月号にメンバーの中上直子が執筆しています。ぜひご覧ください。

母の友5月号

2017年04月01日
子どもにかけるお金を考える会は、「母の友」(福音館書店)で、連載を執筆させていただいています。今回発行される5月号の特集は「ママ友」。そして、記事執筆は、畠中雅子「教育資金以外に必要なお金は?」です。かわいいカワハラユキコさんの4コマ漫画付きです。子どもがいる家庭は、特に目の前の費用にアップアップで、長い目で資金計画を見ることが困難です。ただ、子どもにお金をかけすぎると、今度は自分の老後資金が足らなくなるという悪い循環に陥ります。ぜひ書店で手に取ってみてください絵文字

<< 前の5件 | 次の5件 >>